ISO環境マネジメントシステム
企業と社会を結ぶパスポート
エコ・サイエンスは認証取得をサポートします。
 なぜ 企業は環境に関心を向ける時代になったのか
 21世紀は環境の世紀。環境への配慮が企業の信頼に直結する時代に。

 消費者が環境を重視する時代に。消費者を無視した経営は成り立たない。

 選別の時代に。客観的評価を目で見える形で表す時代に。
  環境マネジメントシステム導入の必須条件
認証取得
本審査
2〜3ケ月
システム運用
実施・運用
・内部監査
・経営者見直

・模擬審査
予備審査
2ケ月程度
システム構築
目的・目標、
計画の策定:、文書化
1ケ月程度
構築準備
:環境影響評価などの
現状分析、
システム立案
第1条件 経営者の強い意志 環境マネジメントシステムの導入と導入後の運用は経営者の理解が不可欠です。経営者の強い意志が導入のスタートです。
第2条件 社内の協力体制 システムの構築には社内の協力が前提になります。
第3条件 導入目的の明確化 経営者、従業員、全社で共通の導入目的が共有化できること、それを明確化できることが必要です。
第4条件 求めるメリット設定 導入によりどのようなメリットを享受するのか、またそのメリットを追及するのか、の設定できることが重要です。
第5条件 環境への問題意識 貴社と環境との関わりを明確化できること、環境への取組みが貴社にとって必要なこと、が明確化できること。
コンサルティング実施期間(6〜7ケ月)
  認証取得までのスケジュール